歌い続けよう いつまでも・・・
歩き続けよう どこまでも・・・
笑い続けよう いつまでも・・・

戸塚音楽祭は2014年横浜開港155周年の年を機に戸塚の街で産声を上げました。
4年目を迎える今年、「音楽は人の心に届き、活力につながる」という思いが
「音楽の街(おとまち)戸塚」から全国に向けて響き渡るように願っています。

戸塚八坂神社

戸塚八坂神社





【由来】

戸塚八坂神社は、戸塚郷の庄司内田兵庫源政親が元亀(がんき)3年(1572)に創建した神社。その後元禄3年(1688)に内田佐衛門尉源政利が再興し、明治初年に社号を八坂社と改め、昭和7年(1932)9月19日に「八坂神社」と改称しました。
八坂神社の祭神は、疫病神の「牛頭天王」。元禄年間に流行したコレラを退治してくれるといわれたのがきっかけと伝えらています。
祭典は7月7日~14日。お札まきは7月14日に無病息災を祈願して行われ、「横浜市指定無形民族文化財に指定されています。























【由緒】
元亀参年六月郷の庄司内田兵庫源政親が牛頭天王社を草創勧請したものであるがいつしか社殿敗壊と真躰の神器は草もうの中に散在し止むなく地中深く埋め祭祀を歟くこと弐百年に及んだ。内田氏の末葉内田佐衛門尉源政利これを憂い元禄元年矢部村庄司河原氏の霊夢により土壊を起し真躰を得てその一再興をはかり祭祀を行った。
明治初年、八坂社を改め更に昭和七年九月十九日八坂神社と改称した。祭典は七月七日拾四日まで行事は七月十四日無病息災を祈願して行われる。お札まきは町内男子拾名が女装し渋団扇を打ち、原始的踊をしつつ五色のお札を中天に撒く。(境内掲示より)





















【住所】
横浜市戸塚区戸塚町4168
JR戸塚駅より徒歩15分